ニトロソアミン類評価におけるSolutionの提供

原薬および製剤中におけるニトロソアミン類に対して、混入リスクの評価および試験法設定~実測値取得まで、トータルにサポートいたします。

2018年6月スペインで、サルタン系医薬品から発がん性物質N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)やN-ニトロソジエチルアミン(NDEA)を検出されました。2019年9月にもアメリカで、ラニチジン系医薬品からNDMAが検出されています。
厚生労働省では、製造販売業者に対し、原薬およびこれを含む製剤について、適切な検査水準で分析を行うことを指示するとともに、分析の結果、暫定基準値を上回ることが否定できない場合には、医療機関等への情報提供とともに回収すべきことを指示しています。
シオノギファーマでは、原料をはじめ原薬、中間体、製品、およびそれらの工程すべてにおいて、CDMOだからこそできる徹底した分析を行います。

不純物の限度値(許容限度値)

成分名 1日の最高用量
(mg)
NDMA限度値
(原薬中)
(ppm)
NDEA限度値
(原薬中)
(ppm)
バルサルタン 160 0.599 0.166
イルベサルタン 200 0.479 0.133
オルメサルタン 40 2.39 0.663
ロサルタン 100 0.959 0.265
ラニチジン 300 0.32
ニザチジン 300 0.32

(出典)厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/11121000/000414374.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000560996.pdf
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10680.html

CASE1リスクの評価

出発物質や溶媒等の不純物情報や、製造プロセスにおける副生成リスクなど、専門知識を持つプロセスケミストが多面的にニトロソアミン類の混入リスクを評価します。

  • 原薬工程における
    ニトロソアミン類の
    生成リスク

  • 使用原料、製品への
    コンタミネーション
    リスク

  • 他製品からの
    混入リスク

CASE2原薬・医薬品の高感度分析

個別の医薬品に対して試験を行うには、それぞれ分析法バリデーションが必要となります。対象医薬品の特性を考慮した適切な分析法バリデーションの実施もお引き受けいたします。

原薬・医薬品の高感度分析

CASE3管理戦略のご提案

  • ニトロソアミン類の
    特定と閾値の決定

  • 管理戦略案の策定と
    測定ポイントの決定

  • 試験法設定
    と実験および測定

  • 管理戦略の
    評価と対応

ICHガイドラインに従った高感度分析法の開発および測定

ニトロソアミン類以外にもICHガイドラインに従った元素不純物や変異原性不純物等の高感度分析法の開発及び測定を行っております。豊富なCMC開発研究で培った技術と経験に基づき、分析法検討~分析法バリデーション~実績値取得まで対応いたします。