抗がん薬曝露量測定について

抗がん薬の曝露量測定についてもう少し詳しく説明して欲しい

  • 薬剤師が安全キャビネット内で調薬することが多くなっていますが、病棟や処置台などで看護師や医師が行うケースもあります。調薬の際などでの液薬の飛び跳ねや、こぼれなどにより、エアロゾル(気体中に浮遊する、非常に微量な液体や固体の粒子)が発生することがあります。これらは当然目視することが難しいものです。また、抗がん薬は、微量であっても体内に吸収された場合、影響を及ぼす可能性があります。そのため、定期的に作業場所の暴露量を測定し、安全性を確かめる必要があります。
  • シオノギファーマの特許技術であるサンプリングシート法を用いれば、現状の作業環境における抗がん薬の飛散状況はもちろん、暴露対策後の作業環境における飛散状況を「数値」で確認することができます。また、定期的に曝露調査を行うことで院内の管理も行えます。抗がん薬曝露からメディカルスタッフを守り、安心して医療活動に励む環境づくりが行えます。

どのような作業のときに曝露しやすいですか

  • 調剤作業中の薬剤のこぼれや、飛び散ったとき
  • バイアルや輸液バックへの針の抜き刺しとき
  • アンプルをカットしたとき
  • 輸液チューブを交換したとき
  • 薬剤を投与したとき
  • チューブや注射器などの接続部から薬液が漏れる場合
  • 薬剤による汚染部位の清掃時
  • 薬物や汚染した部室を廃棄処理する場所
  • 投薬を受けた患者さまの48時間以内の嘔吐物や血液、排せつ物を扱うとき
  • トイレ清掃
  • リネン類の取り扱い時
  • 在宅看護

以上のように、さまざまなシチュエーションや場所で暴露の可能性があります。

体内に取り込まれる経路は

薬剤が飛び散った際に発生するエアロゾルを吸い込んだ場合や、直接液体が皮膚へ付着したり、目に飛び散るケースなど想定されます。直接薬剤に触れなくても、がん患者さまの便や尿への接触時、薬剤付着リネン類への接触時、手についた薬剤を飲食時に一緒に食べてしまう場合も想定されます。また、薬剤で汚染された針を誤って刺してしまうケースもあるとのことです。

人体への二次被爆ついて、どのような症状が文献などで報告されていますか

アレルギー反応や皮疹、目への刺激などの過敏反応、慢性の咳嗽あるいは喉の刺激、発熱などの免疫反応が報告されています。また、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、便秘などの消化器症状や、息切れ、不整脈、末梢浮腫、胸痛、高血圧などの循環器症状、そして頭痛やめまい、不眠や意識消失といった神経症状なども、急性症状として報告もあります。

曝露対策の方法は

抗がん薬の人体への侵入経路は、気道、皮膚、口腔で、取り扱いの基本は防護。バリアプロテクションに必要な手袋、マスク、ガウン、ゴーグル、キャップなどの着用を徹底することです。また、安全キャビネットや閉鎖系器具の導入も有効な手段とされています。抗がん薬の危険性やその取り扱いについての十分な教育と指導も必要でしょう。

曝露調査方法について

調査手順について

詳しくは「測定方法」をご確認ください。

環境モニタリングの実施について

測定したい場所や目的に応じて、測定方法をお選びください。ご参考までにサンプリングシート法による測定をご紹介します。

サンプリングシート法

  • サンプリングシートの貼付は、貼付期間は1日~5日間が一般的な目安となります
  • サンプリングシートの貼り付け時も、通常通り清掃しても問題ありません
  • 蓄積量を確認する際は、清掃前にサンプリングシートを剥がしてください
  • 大型サイズの1シートをカットし、さまざまな個所に貼り付け、それをまとめてひとつの検体とした場合、1シート分の価格となります

測定可能な薬剤については、お問い合わせください。

試験手順について(尿中濃度測定)

シクロホスファミド尿中濃度測定(推奨方法)

  1. 抗がん薬を多量に取り扱う日に実施します。
  2. 調査ポイントごとの全尿を採尿します。500mL目盛付き容器に全尿を採取し、容量を記録。採尿のタイミングとしては、取り扱い開始から24時間後となります。
  3. 2の容器内からスポイトを使用して、10mL~11mLを容器に入れ、さらにチャック付き袋に入れて早急に冷凍保管します。
  4. 保冷ケースに検体と、ドライアイスまたは保冷剤を入れてください。そちらを冷凍便にて返送してください。

※下線付きは同梱物です。

実績は

2018年度には、病院、大学・研究機関、企業など、167件で測定実績がございます。

曝露調査費用・手順について

見積を依頼する場合は

詳しくは「ご注文の流れ」をご確認ください。お問い合わせフォーム、もしくはお電話にてお受けしております。

環境モニタリングを行なった場合、費用はどのくらいを想定すればよいでしょうか

測定方法、調査箇所数、調査薬剤数によって変わります。費用には、キット一式、送付料、試験実施費用、試験結果報告書の作成料金が含まれます(返送時の送料は、お客さまご負担にてお願いいたします)。詳細は、お問い合わせください。

発注とキット一式の送付までの流れは

ご注文の流れ」をご確認ください。

検体送付から報告までの期間は

サンプリングシート法

サンプリングシート法は、通常検体受領より1カ月以内となっております。

シクロホスファミド尿中濃度測定

シクロホスファミド尿中濃度測定は、30検体上の場合は1カ月以内、30検体未満の場合はお問い合わせください。

※分析機器の点検などで遅れる場合、ご相談させていただくケースもございます。また、繁忙期にも別途相談させていただく可能性もございますので、ご了承ください。