抗がん薬曝露測定(医療従事者の皆様)

抗がん薬曝露からメディカルスタッフのみなさまを守るために

抗がん薬の取り扱いは、治療を受ける患者さまだけでなく、抗がん薬を取り扱うメディカルスタッフのみなさまの健康にも配慮した環境を整え、抗がん薬曝露から守る必要があります。米国では、「USP800」というハザーダス・ドラッグを医療機関で適切に取り扱うための指針があり、曝露対策が制定されています。また、日本国内では未制定ではあるものの、メディカルスタッフの曝露問題は、取り組むべき問題のひとつとして認識され始めています。

身体も環境もモニタリング可能です

シオノギファーマはこの課題解決のひとつとして、尿・唾液中の抗がん薬量の測定「生物学的モニタリング」をはじめ、作業環境や防護具に飛散した抗がん薬の測定「環境モニタリング」や、「曝露対策製品の性能評価」に力を注いでいます。
特に、シオノギファーマの特許技術であるサンプリングシート法は、どなたでも簡単かつ安全に検体の測定ができると高い評価を得ております。
私たちは、測定目的や場所、そして用途にマッチしたサンプリング位置や手法を提案し、メディカルスタッフのみなさまが安心して働ける作業環境づくりをサポートいたします。大切なメディカルスタッフの皆さまのためにも、定期的な測定をおすすめいたします。

活用例

環境モニタリング

  • 外来化学療法室、薬剤部、病棟などの曝露調査
  • 在宅治療している(されていた)家屋の調査
  • 手袋、ガウン、マスクなどの防護具の透過性試験
  • 空調フィルタ交換時の定期調査

生物学的モニタリング

  • 唾液や尿内における特定薬物量の測定
  • 介護者・院内清掃業者への曝露調査
  • 新人教育や定期教育時(偽薬を用いた飛沫調査)

曝露対策製品の性能評価(抗がん剤投与関連機器などの性能評価測定)

  • 閉鎖系システムの導入前後における評価
  • 抗がん剤投与関連機器などの性能評価測定
  • 曝露対策用具の新旧製品の比較評価および導入前後の効果
  • 各種清拭液の比較検証

測定推奨箇所

薬剤部

外来化学療法室

病棟