抗がん薬曝露について

抗がん薬の曝露調査についてもう少し詳しく説明して欲しい。

  • 抗がん薬の溶解作業の様々な操作により、非常に微量で目視で確認することができないレベルの抗がん薬が飛散していることがわかっています。抗がん薬は微量であっても体内に吸収して影響を及ぼす可能性があるため、作業時の曝露量を調査することが重要です。
  • サンプリングシートを用いれば現状の作業環境における抗がん薬の飛散状況や曝露対策後の作業環境における飛散状況を「数値」で確認することが可能です。院内での定期的データとして管理するために活用できます。

どのような作業のときに曝露しやすいですか?

  • 調剤作業中に薬剤がこぼれたとき。
  • バイアルや輸液バッグへの針の抜き刺し時。
  • アンプルカット時。
  • 輸液チューブの交換時。
  • 薬剤を投与時。
  • チューブや注射器、接続部から薬液が漏れたとき。
  • 薬剤による汚染部位を清掃するとき。
  • 薬物や汚染した物品の廃棄作業をするとき。
  • 投薬を受けた患者さんの48時間以内の嘔吐物、血液、排泄物などを取り扱うとき。
  • トイレ清掃をするとき。
  • リネン類の取り扱い。
  • 在宅看護時。

体内に取り込まれる経路は?

  • エアロゾルの経口吸入
    (エアロゾル:気体中に浮遊する、非常に微量な液体や固体の粒子)。
  • 皮膚への付着。
  • 目への飛び散り。
  • 手を介した経口摂取。
  • 針刺し。
  • 便・尿への接触。
  • 薬剤付着リネン類への接触。

人体へ二次被爆ついてどのような症状が文献等で報告されていますか?

  • 急性症状
    悪心・嘔吐、頭痛、めまい、脱毛、粘膜損傷、肝臓障害、腹痛、接触皮膚炎、皮膚損傷、眼損傷等。
  • 長期的症状
    変異原性、発がん性、催奇形性と流産への影響、精子毒性等。

曝露対策の方法は?

  • 安全キャビネットや閉鎖系器具の導入検討、手袋・マスク、靴カバーの着用、教育の徹底 等。

曝露調査方法について

調査手順

詳しくは「調査方法動画」をご確認ください。

試験実施について(環境モニタリング)

目的に応じてご検討ください。以下、ご参考までにご活用ください。
  • 貼付期間は薬剤を多く調製される1日~5日間が一般的です。
  • 清掃後の残留確認→シート上を通常通り清掃していただいても構いません。
  • 蓄積量の確認→清掃前に剥離してください。
  • 1シートをカットして広い範囲に貼付したものをまとめて1検体として分析する場合、1シート分の価格となります。
  • 薬剤はお問合せください。

試験手順について(尿中濃度測定)

<シクロホスファミド尿中濃度測定:推奨方法>
  1. 1
    抗がん薬を多量に取扱う日に実施する。
  2. 2
    調査ポイント毎の全尿を採尿。
    採尿時には500mL目盛付容器に全尿を採取し容量を記録する。
    採尿のタイミング例:取扱い開始から24hr後
  3. 3
    2の容器内からスポイトを使用して10mL~11mLを容器に入れ、 更にチャック袋に入れて早急に冷凍保管する。
  4. 4
    保冷ケースに検体及びドライアイスまたは保冷剤を入れ、冷凍便で返送する。
  • 下線付きは同梱物です。

実績は?

  • 2018年度:167件
  • 病院、大学・研究機関、企業を含む

調査費用・手順について

見積依頼する方法は?

弊社ホームページ「抗がん薬の曝露調査の流れ(ご依頼~ご請求まで)」をご確認ください。

費用は?(環境モニタリング)

  • 調査個所数、調査薬剤数により異なります。詳細はお問い合わせください。
    費用に含まれるもの:キット一式、送付料、試験実施費、試験結果報告書作成費
  • 返送時の送料はお客様ご負担でお願いいたします。

費用は?(尿中濃度測定)

費用に含まれるもの:キット一式、送付料、試験実施費、試験結果報告書作成費
  • 返送時の送料はお客様ご負担でお願いいたします。
<シクロホスファミド尿中濃度測定>
  • 1~29検体:1検体 16,100円
  • 30検体:480,000円
  • 31検体目から:1検体 9,000円
  • (例)40検体
  • 480,000+9,000×10=570,000円
尿キット(尿採取用カップ、スポイト、サンプル容器、サンプル袋)について
  • 30検体以上:無償
  • 30検体未満:1セット100円

発注とキット一式の送付までの流れは?

弊社ホームページ「抗がん薬の曝露調査の流れ(ご依頼~ご請求まで)」をご確認ください。

検体送付から報告までの期間は?

<サンプリングシート法>
  • 通常は検体受領より1ヶ月以内。
<シクロホスファミド尿中濃度測定>
  • 30検体以上の場合、1ヶ月以内。
  • 30検体未満の場合はお問い合わせください。
  • 分析機器の点検等で遅れる場合、ご相談させていただく場合がございます。ご了承ください。
  • 繁忙期には別途相談させていただく可能性もございます。